これからの公演

カルメン(ビゼー作曲)  和歌山県田辺市にて上演!

2017年8月27日(日)  13:30開演(13:00開場)

紀南文化会館大ホール

4,000円全席指定

高校生以下1,000円(2階席)ホールのみで取り扱い

〈キャスト〉
カルメン:小林由佳
ドン・ホセ:アントニオ・シニョレッロ
ミカエラ:小川里美
エスカミーリョ:須藤慎吾
ズニガ(バス)衛兵隊長:大澤恒夫
ダンカイロ(バリトン)密輸商人:坂本伸司
フラスキータ(ソプラノ)カルメンの友人:西 正子
メルセデス(メゾソプラノ)カルメンの友人:巖淵真理
レメンダード(テノール)ダンカイロの仲間:小山陽二郎
モラレス(バリトン)士官:堀内丈弘

 

指揮:矢澤 定明 演奏:フィオーレ・オペラ管弦楽団
合唱:田辺オペラシンガース(今回、地元市民により結成された合唱団)、フィオーレ・オペラ合唱団

副指揮:中村 冬威、

合唱指揮:谷本 喜基/舞台監督:岸本 伸子/舞台美術:加藤 正信/照明:大鷲 良一/ヘア・メイク:きとう せいこ/衣裳:下斗米 大輔/字幕:(株)アルゴン

コレペティトゥア:伊藤 亜紀

 

チケット発売所/紀南文化会館、田辺市教育委員会 文化振興課(市民総合センター3F
(遠方の方はチケットの予約も行っておりますので、田辺市教育委員会文化振興課までお問い合わせください。)
○託児所を用意します
託児料:1000円(要予約)0才~5才 締切り: 平成29年8月10日

主催/カルメン田辺公演実行委員会、田辺市教育委員会 共催/フィオーレ・オペラ協会
協賛/田辺ロータリークラブ
後援/紀伊民報社、和歌山放送、テレビ和歌山、FM TAN

田辺市文化協会、田辺ゾリステン、田辺市合唱連盟、田辺高校同窓会、白浜田辺青年会議所
協力/トヨタライブラリー、市川交響楽団協会

 

問合せ先
田辺市 教育委員会 文化振興課 お問い合わせフォームこのリンクは別ウィンドウで開きます

TEL 0739-26-9943 FAX 0739-25-6029ABE、

 


千葉商大  オペラ講座 終了しました

●6/25(日) ビゼー作曲 オペラ「カルメン」抜粋 終了しました

<指揮> 中村冬威

<キャスト>

カルメン:巌淵真理     ドン・ホセ:高柳 圭    ミカエラ:白石佐和子

エスカミーリョ:大島嘉仁  ズニガ:金子慧一      ダンカイロ:中村基孝

フランキータ:川田桜香   メルセデス:光村 舞    レメンダード:村田耕太郎

●5/27(土) ビゼー作曲 オペラ「真珠とり」抜粋 終了しました

<演奏>フィオーレ・オペラ管弦楽団

<ピアノ>伊藤亜紀

<キャスト>

ナディール:高柳 圭

レイラ:西 正子

ズルガ:野村光洋

 


フィオーレ・オペラ協会創立10周年記念公演  ヴェルディ作曲 オペラ「オテロ」 2017215日()新国立劇場中劇場        終了しました。ご来場ありがとうございました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

%e8%a3%8f

 フィオーレ・オペラ協会創立10周年記念公演  ヴェルディ作曲 オペラ「オテロ」(原語上演字幕付)4幕
2017215日()18時開演(17時30分開場) 新国立劇場中劇場

●5/27(土) ビゼー作曲 オペラ「真珠とり」抜粋

<演奏>フィオレ・オペラ管弦楽団

<ピアノ>伊藤亜紀

<キャスト>

ナディール:高柳 圭

レイラ:西 正子

ズルガ:野村光洋

 舞台は15世紀末ヴェネツィア共和国の領土キプロス島。ヴェルディ円熟期の壮大な音楽をお届けします。

栄光に満ちた凱旋の場面から、家臣イヤーゴのたくらみにより、疑惑と混乱と嫉妬、孤独、あせりの渦に巻き込まれていくオテロの心情の変化。現代の人々にも通じる人間の心理を紡いだシェイクスピアの原作を、ヴェルディのオーケストレーションが立体的に描き出します。

生の舞台ならではの醍醐味をお楽しみください!

 

キプロス パフォス城

キプロス パフォス城


矢澤定明

指揮:矢澤 定明

キプロス キレニア城

キプロス キレニア城

原作:ウィリアム・シェークスピア「オセロ」
台本:アッリーゴ・ボーイト
初演:1887年2月5日ミラノ・スカラ座にて

指揮:矢澤 定明  演出:須藤 慎吾

《出演》オテロ/青柳素晴 イヤーゴ/須藤慎吾 デズデーモナ/西 正子 カッシオ/澤崎一了 ロデリーゴ/武田友実 モンターノ/大澤恒夫 ロドヴィーコ/田中大揮 エミーリア/田村佳子 伝令/大島嘉仁

 

オテロ/青柳素晴

201308090041_b

イヤーゴ/須藤慎吾

02072322.2002.05.22.02.08

デズデーモナ/西 正子

 

 

 

 

 

 

 

ソリスト

(左から)カッシオ/澤崎一了 ロデリーゴ/武田友実 モンターノ/大澤恒夫  ロドヴィーコ/田中大揮 エミーリア/田村佳子 伝令/大島嘉仁

 

演奏:フィオーレ・オペラ管弦楽団  フィオーレ・オペラ合唱団

チケット8,000円(全席指定)

お問合せ フィオーレ・オペラ協会TEL090-4434-0188

TEL/FAX047-371-0921

fiore_opera_0810@yahoo.co.jp

<オテロちょっとしたトリビア>「オテロ」と「威風堂々」の繋がり
イギリスの人々に愛され誰もが一度は耳にしたことがあるエルガー作曲の「威風堂々」。オテロの台詞と接点がありました。
原題 “‘Pomp and Circumstance” は、シェイクスピアの戯曲『オセロ』第3幕第3場の台詞
“Pride, pomp and circumstance of glorious war”
「名誉の戦争には付物の[……]誉れも、飾りも、立派さも」(坪内逍遥訳)

威風堂々:エルガーが生前に作曲、出版した5曲のうち、第1番から第4番は1901年から1907年にかけて作曲され、

第5番は晩年の1930年に作曲された。遺稿から見つかった第6番は未完成であり、アンソニー・ペインによって補筆・完成されたもので知られている。(Wikipediaより)

 

金管とイヤーゴ役須藤慎吾の咆哮が炸裂
%e9%a0%88%e8%97%a4%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

金管と、イヤーゴ役須藤慎吾の咆哮が炸裂(オケ合わせ)