「ふれあいこんさあと」開催しました

千葉県市川市立菅野小学校にて、菅野・須和田地区社会福祉協議会の主催で開かれた「ふれあいこんさあと」。

菅野小学校合唱部による「かえるのポルカ」「ほたるこい」「ふるさと(人気グループ嵐の)」「シーラカンスをとりにいこう」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドージャス」等の曲で開幕。

清々しい歌声、練習を積んだことを思わせる表現力に心洗われる思いでした。

地区の役員さんによるユーモア溢れる司会に加え、バリトン押川浩士さんの軽妙洒脱な解説やテノール江上玲那さんとのトークを交えつつオペラアリア、カンツォーネ、日本の歌を披露しました。中でも数年前の抱腹絶倒だった「こうもり」公演を彷彿とさせる押川さんの「フニクリ・フニクラ」に、会場は大いに沸きました。

最後に全員で「ふるさと」を歌い、主催者からソリスト銘々への花束を受け取りました。

地域の皆さんが協力して運営されている温かい催しに、音楽の力の素晴らしさを再認識した1日でした。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です