須藤慎吾CDデビューリサイタル開催。CD好評発売中。

2014年7月12日 王子ホールにおいて須藤慎吾さんのCDデビューリサイタルが開催されました。
第1部は伊藤亜紀さんのピアノ伴奏による歌曲、第2部がフィオーレ・オペラ管弦楽団の伴奏によるアリア集という構成で、すばらしい声の世界をたっぷりと聴かせてくれました。特に1部の歌曲では、V.ベッリーニのめったに演奏されないめずらしい曲も選定されており、意欲的なプログラムとなりました。
MCをかつて「ニュースステーション」で活躍した若林正人氏がつとめ、ユーモアを交えた含蓄のあるお話に、会場もなごんだ雰囲気となりました。途中若林氏の「どうしてヴェルディ歌手といわれると思いますか?」という質問に、「ヴェルディが指示している言葉のアーティキュレーションが正確にできることですかね」などと、とても奥深い答えが聞かれたりもしました。

これまでに声楽を聴かれたことのないお客様がすっかり魅了され、CDを買い求められるという姿も見られ、充実したコンサートとなりました。

ARIE  Opera Arias 須藤慎吾CDデビューリサイタル

プログラム
第1部piano1
ストルネッロ“そしてコオロギは歌う...”(V.ビッリ作曲)
ロマンツァ“最後の思い出”(G.ロッシーニ作曲)
ロマンツァ“追憶”(V.ベッリーニ作曲)
ロマンツァ“苦悩にあえぎ、恋に焦がれ”(V.ベッリーニ作曲)
アルバムリーフ“最上の贈り物”(V.ベッリーニ作曲)

第2部
オーケストラ:オペラ「愛の妙薬」序曲
オペラ「愛の妙薬」(G.ドニゼッティ作曲)より“魅惑的なパリスが”
オペラ「椿姫」(G.ヴェルディ作曲)より“プロヴァンスの海と陸”
オーケストラ:オペラ「運命の力」(G.ヴェルディ作曲)より序曲
オペラ「アンドレア・シェニエ」(ジョルダーノ作曲)より“祖国の敵”oche1

 

指揮:仲田 淳也
司会:若林 正人
管弦楽:立田 祥子(Vn) フィオーレ・オペラ管弦楽団
ピアノ:伊藤 亜紀
協力:市川交響楽団協会
マネジメント:公益財団法人日本オペラ振興会
主催:フィオーレ・オペラ協会

 

『アリエ~オペラ・アリア集』(須藤慎吾、鈴木織衛&仙台フィル) 好評発売中
sudocdレーベル : Sony Music Direct
フォーマット : SACD

下記でお求めいただけます。
Sony Music Shop     amazon      HMV       楽天ブックス      TSUTAYA